アトピー肌を改善するなら、正しい保湿がキレイな肌への近道です

あなたのアトピー肌改善方法は “現実的” ?

 

 

 

“アトピーを治すためには何もしない方がいい”

 

“アトピー肌の改善を早めるには、保湿をやめてターンオーバーを正常に戻すことが大事”

 

 

 

このような意見がありますね。

 

 

“メイクをすること、保湿剤を使って肌に潤いを与えることが、皮膚の回復力を弱めてアトピーの改善の妨げになることがある” といいます。

 

 

そのことが本当であったとしましょう。

 

 

ですが、大人の女性にとって、その改善方法は “現実的” でしょうか?

 

 

ガサガサに乾燥した肌に潤いを与えず、お化粧も全くせずに人前に出ることは、私にはできませんでした。

 

 

私も、もちろんアトピー肌は治したいし、そのために必要だと思うことはいろいろと試してきました。

 

行ってきたことには、食生活の改善、脱ステロイドを行ったことも含まれています。

 

 

ただ、女性らしさを投げ捨てることはできませんでした。

 

汚いアトピー肌を何もケアしないそのままの状態で、通勤したり、外出したりして、人目に晒すことだけは無理でした。

 

 

女性らしさは失わず、アトピー肌をスキンケアするために

 

 

そこから私が探したのは、アトピー肌改善のための「正しい保湿の方法」です。

 

 

ダメージなく使えて肌トラブルの心配が極力少なく、外部の刺激から肌を守るバリア機能をしっかりとサポートしてくれる、そんなケア製品を探しました。

 

 

そして出会ったのが【オージュンヌ】というアトピー肌用の化粧水でした。

 

 

アトピー肌のための “水” にこだわった化粧水

 

肌ケアの基本となる化粧水。

 

その化粧水の成分の90%は “水” で成り立っています

 

 

【オージュンヌ】は、この “水” にこだわって開発された敏感肌・乾燥肌用の化粧水です。

 

特別な水『スキンケア用弱酸性水』を使うことで、繊細なアトピー肌を整えながらみずみずしい潤いを与えてくれるのです。

 

 

 

 

オージュンヌは防腐剤を使っていません

一般的な化粧水はアトピー肌には適さないと言われています。

 

その理由は、防腐剤が入っているから。

 

 

化粧水の主成分である水は、そのままにしておくと腐ってしまいます。

 

 

それを防ぐために配合されているパラベン・フェノキシエタノールといった防腐剤は、肌への刺激が強いことで知られています。

 

 

肌に悪い影響があるにも関わらず、ほとんどの化粧水には防腐剤が入っているのです

 

 

オージュンヌは防腐剤を一切使っていません。

 

「銀イオン」を採用することで、水が腐らないようにしています。

 

製品の品質は高めながら、肌をいたわることを最優先しているのです。

 

 

うるおいバリアーが敏感肌を優しく保護してくれます

アトピー肌の多くの人が、乾燥によるかゆみや皮膚のかさつきに悩んでいます。

 

アトピー肌が潤いをたもてないのは、皮膚のバリア機能が低下してしまうためです。

 

 

オージュンヌに含まれている新素材「白金ナノコロイド」は、皮膚上にとどまって抗菌・保護作用を発揮してくれます。

 

白金ナノコロイドが保護バリアーを作ることで、外部の老廃物などからの刺激を寄せ付けず、肌のなかに潤いを閉じ込めてくれることとなります。

 

このうるおいバリアーが、敏感肌のケアには何よりも欠かせないものなのです。

 

 

安心の日本製です

オージュンヌに使われている水は、九州南部、霧島の大自然で濾過された天然水です。

 

その天然水から、日本の工場で徹底品質管理の元に製造されている化粧水がオージュンヌです。

 

日本人のために、日本人の手によって作り出された製品ですから、安心して使うことができます。

 

 

 

公式ページを見てもらうとわかるのですが、オージュンヌは一本づつ購入するよりも、定期コースでの申し込みがかなりお得な料金設定になっています。

 

基礎化粧品は長く使い続けるものですから、お得感がある定期コースを検討する価値はあるかと思いますよ。

 

 

 

 

 

アトピー肌の改善のために気をつけたいこと

 

アトピー肌改善には生活習慣の見直しも大切なことです。

 

睡眠をしっかりと取る

皮膚の再生化がちゃんと進むかどうかには、睡眠時間と睡眠の質が大きな関わりを持っています。

 

夜ふかしはできるだけ避けるようにしましょう。

 

食べ物・飲み物は体質改善に適したものを選ぶ

糖分や脂肪分の摂り過ぎはよくありません。

 

水道水に含まれるカルキが良くない影響があるとも聞きますから、口にするもので気になるところがあれば、担当医師に相談するのが賢明です。

 

お風呂で体を洗いすぎない

肌上に老廃物が溜まることはアトピー肌の改善には良くないこと。

 

ですから体を清潔にすることは、とても良いことです。

 

ただ、体を洗うときには、できる限り皮膚に刺激を与えないようにしましょう。

 

肌表面が傷つき、乾燥がひどくなる可能性もあります。

 

極力ストレスがかからないように心がける

大人になってからアトピー体質になった人には、ストレスが発症の引き金になったというケースも多いようです。

 

逆に仕事の忙しさや人間関係の煩わしさから解放されて、心の負担が減ったことで、肌の状態が良くなったという例も多々あると聞きます。

 

ストレスが健康に与える影響は少なくないといえるでしょう。

 

 

 

アトピー治療の基本は“保湿ケア”です

 

アトピー性皮膚炎になると皮膚が乾燥しやすくなり、しっかりと保湿しておかないと、薬物療法を行う場合にも効果が出にくくなってしまいます。

 

 

ですから、保湿外用薬や保湿化粧水などを使って、水分を肌の内側から逃さないための肌ケアが重要です。

 

 

保湿剤の種類には、病院で処方される医薬品のほかにも、ドラッグストアや通販で手に入れることのできる市販の商品(医薬品・医薬部外品を含む)もあります。

 

 

サラサラしたローションタイプ、少しぬめりのあるタイプ、軟膏タイプなど、製品ごとに塗りやすさ・手触りなどは様々です。

 

 

アトピーの症状は、良い状態と悪い状態を繰り返すことも多く、肌の状態はその時々で変わりやすいものです。

 

 

また、汗をかく暑い時期と、肌が乾燥しやすい冬とでは、そのときに適した保湿剤も変わってきます。

 

ですから、1種類だけの保湿材にこだわらずに、そのときの肌の状態に合ったものを選んで使うわけるようにすることも大切になります。

 

 

 

保湿剤の効果的な使い方

 

ステロイド外用薬・タクロリムス外用薬などの治療薬とは違い、保湿剤は一日に何回使っても良いのが特徴です。

 

 

潤い効果を得やすい塗るタイミングは、シャワーや入浴後、それもできれば5分以内に塗るようにしましょう。

 

 

保湿剤は皮膚に水分を与えるためではなく、水分を肌の内側に閉じ込めるために使うもの。

 

 

ですから、お風呂上がりの、まだ水分がしっかりと皮膚の中に残っているうちに保湿剤を使って、水分を逃さないようにしてください。

 

 

シャワーやお風呂に入れない時には、霧吹きで肌を湿らせてから保湿剤を塗るようにするといいでしょう。

 

 

水の代わりに、市販の化粧水などを使用してもOKです。

 

 

保湿ケアは、アトピー肌の改善だけでなく、予防にも効果があります。

 

 

アトピー性皮膚炎の症状がほとんど出なくなった「寛解(かんかい)」の状態になっていても、引き続き予防のための保湿を行うようにしましょう。

 

 

よく読まれている関連記事

 

オージュンヌの効果・口コミ アトピー肌に効果を実感できる化粧水なの?

 

 

ディセンシア アヤナスはアトピー保湿剤としても優秀!

 

 

アトピー肌におすすめシャンプー【澡シャンプー】

 

 

アトピー肌用のおすすめ入浴剤【華密恋カミツレ】

 

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 保湿化粧水・クリーム シャンプー 入浴剤