アトピー肌で皮膚が薄い場所は服地素材にも注意しましょう

アトピー肌で皮膚が薄い場所は服地素材にも注意しましょう

 

 

アトピー性皮膚炎の症状は皮膚の弱い場所に目立ちやすいものです。

 

 

首、ひじの内側、ひざの裏、こういった場所には共通の特徴があります。

 

 

関節があるためによじれる動きをしたり、折れ曲がったりする場所は、その動きを妨げないように皮膚が薄くなっているのです。

 

 

顔も表情筋の動きにつれて皮膚が伸縮するために皮膚が薄く出来ていて、アトピーの炎症が出やすい場所です。

 

 

皮膚が薄い分、刺激にも弱くなるのですが、特に注意したいのは首の部分になります。

 

 

シャツやブラウスの衿が擦れたり、冬にはマフラーやセーターのチクチクが刺激になることもあります。

 

 

繊維のなかでも比較的摩擦の少ないシルク(絹)のスカーフであれば、皮膚の受ける刺激を少なくすることができるでしょう。

 

 

【乾燥訴求】アヤナストライアルセット

 

 

下着の擦れが原因で乾燥肌が悪化することがありますが、下着も絹を素材として使っているものがおすすめになります。

 

 

絹は発汗性が高いので、雑菌が繁殖しずらく皮膚炎を悪化させる可能性の少ない素材だと言えます。

 

 

綿素材は身体に優しいと思われやすいですが、新品をそのまま肌に身につけるのは考えものです。

 

 

最近の洋服は見栄えをよくするために、綿素材の表面にさまざまな加工を施しているものが多くあります。

 

 

樹脂加工や薬剤を使った加工をしたものを、そのまま直接着ると、皮膚に負担になってしまうことがあります。

 

 

新品の服を買ってきたら、一度洗濯してから袖を通すようにしたほうが安全です。

 

 

よく読まれている関連記事

 

オージュンヌの効果・口コミ アトピー肌に効果を実感できる化粧水なの?

 

 

ディセンシア アヤナスはアトピー保湿剤としても優秀!

 

 

アトピー肌におすすめシャンプー【澡シャンプー】

 

 

アトピー肌用のおすすめ入浴剤【華密恋カミツレ】

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 保湿化粧水・クリーム シャンプー 入浴剤