アトピー肌のアスリートはいない?運動習慣が皮膚炎を改善する

アトピー肌のアスリートはいない?運動習慣が皮膚炎を改善する

 

私がアトピー対策のために行って“これが効果てきめんだったな”と思っていることが二つあります。

 

 

一つはスキンケア

 

 

特に相性の良い化粧水に出会ってからは、目に見えてアトピー肌が改善していくのを感じることができました。

 

 

そして二つ目が運動です。

 

 

アトピー体質の人には、運動を避ける人が少なくありません。

 

 

この気持ち、よくわかるんです。

 

 

汗をかくと肌がかゆくなりますよね。

 

 

特に急激に発汗したりすると、一気にかゆみが襲ってきて運動どころではなくなってしまうことも。

 

 

調べてみたところでは、発汗とかゆみの原因やメカニズムは、まだ解明されていない部分も多いとのことです。

 

 

それでも一般的に言われているのが、汗に含まれる塩分の刺激や、アセチルコリンという神経伝達物質が汗をかくときに放出されることが原因になっているという説になります。

 

 

確かに汗によるかゆみはつらいです。

 

 

ですが、それを耐えてでも「スポーツなどで体を動かすことで得ることができる恩恵がある」というのも確かなんです。

 

 

【乾燥訴求】アヤナストライアルセット

 

 

 

運動がアトピー肌改善に役立つポイント

 

皮膚科のお医者さんの言葉を借りれば

 

「アトピーが治り切る患者さんには、“運動を習慣化している”という共通の特徴がある」

 

とのこと。

 

 

運動をすることで

  • ストレスから解放されて自律神経が整う
  • 血行が改善して皮膚の治癒能力が高まる
  • 汗の成分に保湿効果が認められ皮膚のバリア機能も強化される

以上のような良い影響があるのですね。

 

 

激しい運動は必要なく、ウォーキングや水泳などのできる範囲での軽い運動で十分なのだといいます。

 

 

私が、もう3年近く継続しているのもウォーキングです。

 

 

ほぼ毎日、近所を40分〜1時間ほど歩くようにしています。

 

 

以前は「歩くより走るほうがカッコいいよね」などと考えて、ランニングをやったこともあるのですが、やっぱりきつくて・・・。

 

 

それに歩くほうが汗のかきかたがゆっくりなので、かゆみも最低限で済むため、ウォーキングを続けることにしました。

 

 

運動して汗をかくことで汗腺の機能が強化されて、角質層に水分が供給されやすくなって皮膚の水分保持量がアップします。

 

 

また、汗に含まれる尿素や乳酸などの天然保湿因子がスキンバリア機能を高めてくれるおかげで、肌がうるおいやすくなるのです。

 

 

汗には天然の保湿剤としての役割もあるということなんですね。

 

 

 

アスリートには、アトピー性皮膚炎の人があまりいないように感じられます。

 

 

私たちが普段テレビなどで目にするのは一流の運動選手が多いですが、そのなかにはアトピー因子を持っている人もいるかもしれません。

 

 

ですが、皮膚の状態が著しく悪かったり、という選手は見かけない気がします。

 

 

スポーツをすることで汗腺機能の低下を避けることができ、すでに書いたようなメリットを十分に受けている人が多いからなのかもしれませんね。

 

 

【乾燥訴求】アヤナストライアルセット

 

 

 

よく読まれている関連記事

 

オージュンヌの効果・口コミ アトピー肌に効果を実感できる化粧水なの?

 

 

ディセンシア アヤナスはアトピー保湿剤としても優秀!

 

 

アトピー肌におすすめシャンプー【澡シャンプー】

 

 

アトピー肌用のおすすめ入浴剤【華密恋カミツレ】

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 保湿化粧水・クリーム シャンプー 入浴剤