アトピー肌の改善には質の良い睡眠が大切

アトピー肌の改善には質の良い睡眠が大切

 

睡眠は疲れた体を癒すもの、そして傷ついた肌を修復するためにも欠かせないものです。

 

 

睡眠不足が続いたことが原因で、アトピーが悪化するケースも少なくありません。

 

 

皮膚の再生を促すのは成長ホルモンです。

 

 

成長ホルモンは睡眠中、それも深い眠り「ノンレム睡眠」をとっている間に集中して分泌されます。

 

 

ノンレム睡眠に入ると人間の脳は休息状態に入り、細胞の新陳代謝が高まります。

 

 

アトピー肌の改善には皮膚の自然治癒力アップが大切で、そのためにはスムーズに深い眠りに入れるようにすることが大事なのです。

 

 

【乾燥訴求】アヤナストライアルセット

 

 

 

睡眠リズムを無視していると・・・

 

理想の睡眠時間は7時間とされていますが、最適な長さには個人差がありますから一概には言えませんね。

 

 

6時間睡眠でもすっきりと目覚めて快調な人もいれば、毎日8時間以上寝ないと頭が重いという人もいます。

 

 

アトピーがある人の場合、その長さに関係なく、質の良い睡眠を取れているかどうかは肌のコンディションの良し悪しによっても計れるのではないかと思います。

 

 

私の場合、7時間以下の睡眠でも問題はないのですが、「最近肌の調子がよくないな」と感じるときは、大抵生活のリズムが崩れているときです。

 

 

ある時は23時に眠りにつき、その翌日は就寝時間が午前1時を過ぎていた・・・というときに肌のガサつきやかゆみが強くなる傾向があります。

 

 

仕事が忙しい時期だったり、友達付き合いもあって難しいのですが、それでも規則正しい睡眠リズムは大切だと感じないわけにはいきません。

 

 

 

肌のことを考えた睡眠リズムが大切

 

より良い眠りを得るために私が行っているのが、運動と食事の時間管理です。

 

 

前々から運動はしていたのですが、休日に限られていました。

 

 

それを今では、会社が早く終わった平日には、帰ってきてから自宅の近所を20〜30分ほどウォーキングをするようにしています。

 

 

そして食事は、毎晩8時までには必ず済ませるようにしています。

 

 

ベッドに入る直前まで食べたり飲んだりしていると、なんとなく寝つきが良くないなと感じていたからなのですが、これは効果が絶大でした。

 

 

軽い運動をした心地よい疲れも手伝って、横になってからスッと入眠できるようになったのです。

 

 

遅い時間まで食べていると、寝ている間も体は消化活動を続けてしまうといいます。

 

 

その分体に負担がかかり、眠りの質も低下してしまうということなのですね。

 

 

 

睡眠環境で眠りが変化する

 

それから、もうひとつ気を付けるようになったのが「睡眠環境」についてです。

 

 

寝る時の衣服や布団の素材は、肌に優しい天然素材のみ(綿100%など)を使ったものに変更。

 

 

新品は一度水洗いしてから使うようにしています。

 

 

洗濯に使う洗剤も、皮膚への刺激になる界面活性剤や化学物質ができるだけ含まれていないものを選ぶようになりました。

 

 

布団や枕の中綿については、ポリエステルのものがダニが繁殖しにくいと聞いてから、それを使うようにしています。

 

 

細かな積み重ねですが、こういったことをしているおかげか、寝ているときにかゆみが出ることもなく、快眠を得られているのでおすすめです。

 

 

【乾燥訴求】アヤナストライアルセット

 

 

 

よく読まれている関連記事

 

オージュンヌの効果・口コミ アトピー肌に効果を実感できる化粧水なの?

 

 

ディセンシア アヤナスはアトピー保湿剤としても優秀!

 

 

アトピー肌におすすめシャンプー【澡シャンプー】

 

 

アトピー肌用のおすすめ入浴剤【華密恋カミツレ】

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 保湿化粧水・クリーム シャンプー 入浴剤