大人アトピーの改善に適した化粧水・保湿剤とは?

大人アトピーの改善に適した化粧水・保湿剤とは?

 

大人アトピーを改善する化粧水や保湿剤、それらに求められるものはどういったことでしょうか?

 

 

乳児湿疹に始まる子供アトピーと大人のアトピー症状では、病院での治療にも違いがあるということ。

 

 

つまり大人と子供では、皮膚炎の起こる原因や症状の変化の仕方に異なる点があるということになります。

 

 

一般的に13歳以上の思春期以降の患者さんを、成人アトピーとして区分けしているようです。

 

 

この年代では、子供時代には少ない「ストレス」が要因となりがちです。

 

 

学校や職場の環境、人間関係、生活習慣など、さまざまな要素が心身に影響を与えやすくなります。

 

 

大人になってから急にアトピー体質になるわけではなく、病気の素因をもともと持っていて、なんらかのきっかけから発症・再発するケースがほとんどだとされています。

 

 

もちろん汗やホコリといった刺激も要因となりますが、それ以外の要因にも注意が必要だということです。

 

 

【乾燥訴求】アヤナストライアルセット

 

 

 

症状と対処法としてのセルフケア

 

思春期以降の症状としては、顔や首、胸など上半身の皮膚に強く炎症が出る傾向があり、赤ら顔になることや色素沈着が起こることも。

 

 

人の目に触れる場所に集中的に皮膚炎が現れため、外見上のコンプレックスになることもしばしばです。

 

 

大人アトピーは皮膚の薄いデリケートな部位にできやすいですから、そのケアも肌を優しくいたわる必要性があるといえます。

 

 

体質的に皮膚のバリア機能・生理機能が低い人に起こりやすいアトピー性皮膚炎。

 

 

その治療でなにより大切なことが、皮膚のバリア機能をこれ以上低下させないことです。

 

 

バリア機能を高めることができれば、ささいなきっかけや刺激をはねのけることができる健康的な皮膚をキープできます。

 

 

そのために選びたいのが、水分や皮脂が逃げていかない肌状態に導いてくれるスキンケア製品です。

 

 

 

今の自分の症状に本当に必要なのは?

 

「ステロイド剤や保湿剤を使わずに治したい」

 

 

そんな気持ちからスキンケアすら放棄する考え方もあるようですが、それが自分にとって本当に適切なのかをしっかりと考える必要はないでしょうか?

 

 

必要なときには適切な薬を塗る、症状が軽い時期は自分にあった保湿化粧水・美容液で敏感肌をケアする。

 

 

私にはこの方法が合っていたし、改善に向かっています。

 

 

以下のページでは、私が使ってみて納得できているものだけを紹介しています。

 

 

アトピー肌のセルフケアの方法に悩んでいるなら参考にしてみてください。

 

 

アトピーの保湿におすすめの化粧水・クリーム

 

【乾燥訴求】アヤナストライアルセット


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 保湿化粧水・クリーム シャンプー 入浴剤