ステロイド外用薬のランクと薬品名

ステロイド外用薬のランクと薬品名

 

 

アトピー性皮膚炎の治療の基本となるのは “潤いケア” です。

 

 

保湿剤、保湿外用薬を適切に使って肌ケアをするだけで、アトピーの症状が改善することも多くあります。

 

 

そして炎症やかゆみ等の症状を抑えるために使われる、主な薬品が「ステロイド外用薬」です。

 

 

ステロイドには服用薬や注射などもありますが、アトピー治療の中心となるのは塗るタイプのステロイド薬になります。

 

 

体内に入れるタイプよりも、外用薬のほうが副作用の心配が格段に低くなるというメリットがあります。

 

 

ステロイド外用薬はその効き目の強さごとに5つのランクに分かれていて、患者さんの症状に合わせて使い分けられることになります。

 

 

そのランクは強い方から、ストロンゲスト(T群)・ベリーストロング(U群)・ストロング(V群)・ミディアム(マイルド:W群)・ウィーク(X群)と呼ばれています。

 

 

効果が強くなるほどに副作用の心配も高くなるため、医師は患者さんの症状と効果、副作用のバランスを考えながら、処方するステロイド外用薬のランクを決定していきます。

 

 

医師の指示に従って薬を使うことも、ときには必要になります。

 

 

ですが、こういったことを知って、「今使っているステロイド薬は自分に合っているものなのか?」と考えることも、一日も早くアトピー肌を改善するために大切なことではないでしょうか?

 

ステロイド外用薬への誤解 | アトピー治療に本当に必要なものとは?

 

 

【乾燥訴求】アヤナストライアルセット

 

 

 

ステロイド外用薬のランク・薬品名

ランク

一般名(商品名)

ストロンゲスト(T群)

ジフロラゾン酢酸エステル(ダイアコート・ジフラール)
クロベタゾールプロピオン(デルモベート)

ベリーストロング(U群)

ベタメタゾン酪酸プロピオン酸エステル(アンテベート)
ジフルプレドナート(マイザー)
酪酸プロピオン酸ヒドロコルチゾン(パンデル)
アムシノニド(ビスダーム)
ジフルコルトロン吉草酸エステル(テクスメテン・ネリゾナ)
ベタメタゾンジプロピオン酸エステル(リンデロンDP)
モメタゾンフランカルボン酸エステル(フルメタ)
フルオシノニド(トプシム)

ストロング(V群)

ハルシノニド(アドコルチン)
ベクロメタゾンプロピオン酸エステル(プロパデルム)
デキサメタゾン吉草酸エステル(ボアラ・ザルックス)
デキサメタゾンプロピオン酸エステル(メサデルム)
ベタメタゾン吉草酸エステル(リンデロンV・ベトネベート)
フルオシノロアセトニド(フルコート)
デプロドンプロピオン酸エステル(エクラー)

ミディアム
(マイルド:W群)

プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル(リドメックス)
トリアムシノロンアセトニド(レダコート・ケナコルトA)
アルクロメタゾンロピオン酸エステル(アルメタ)
クロベタゾン酪酸エステル(キンダベート)
デキサメタゾン(グリメサゾン・オイラゾン)
ヒドロコルチゾン酪酸エステル(ロコイド)

ウィーク(X群) プレドニゾロン(プレドニゾロン)

 

 

よく読まれている関連記事

 

オージュンヌの効果・口コミ アトピー肌に効果を実感できる化粧水なの?

 

 

ディセンシア アヤナスはアトピー保湿剤としても優秀!

 

 

アトピー肌におすすめシャンプー【澡シャンプー】

 

 

アトピー肌用のおすすめ入浴剤【華密恋カミツレ】

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 保湿化粧水・クリーム シャンプー 入浴剤