アトピーのかゆみを止める抗ヒスタミン剤の効果と副作用

抗ヒスタミン剤の効果

 

抗ヒスタミン剤はアトピーの治療によく使用される抗アレルギー薬です。

 

 

その役割はかゆみを止めることにあります。

 

 

抗ヒスタミン剤は、かゆもの原因となるヒスタミンをという物質の活性化を抑えることで、かゆみの症状を止める働きをしてくれます。

 

 

ヒスタミンはもともと、人間に限らず、多くの動物の脳や内臓などの体の組織内に広く存在している化学物質で、通常は不活性な状態にあるものです。

 

 

それが、怪我や病気、また薬の影響などで活性型に変化することで、血管の拡張などに作用して、かゆみを起こすことになります。

 

 

かゆみや炎症の状態が重い、アトピーの重症度の高い患者さんには、抗ヒスタミン剤は欠かせないものになっているようです。

 

 

薬の効き方には個人差があるとされているため、ほかの人には効果があるものが、自分には効かないというケースも多いようです。

 

 

そのため、抗ヒスタミン剤・抗アレルギー剤にはいろいろな種類があり、使ってみて効かなかったという場合は、薬を変更して治療が進められるといいます。

 

 

また、アトピー性皮膚炎によるかゆみは複合的な原因から起こることも多いため、抗ヒスタミン剤を飲むだけではかゆみを抑えられないこともしばしばだとされています。

 

 

そのため、アトピー治療においては、ステロイド外用薬やタクロリムス外用薬などの塗るタイプの薬と併用することで、より強力にかゆみを抑える方法が一般的になっています。

 

 

【乾燥訴求】アヤナストライアルセット

 

 

 

抗ヒスタミン剤の副作用

 

抗ヒスタミン剤はアトピー性皮膚炎のかゆみを抑えるのに有効な薬ですが、副作用が見られることもあります。

 

 

ヒスタミンには中枢神経に働いて血圧を調整したり、筋肉を収縮させる作用があります。

 

 

抗ヒスタミン剤は、これらの働きを遮断することでかゆみを抑えるため、眠気が襲ってきたり、体がだるくなったりという副作用が起こることあるのです。

 

 

ですから、抗ヒスタミン剤の服用時には、車の運転や高所での作業などを控えるなどの注意が必要になります。

 

 

近年になって開発された新世代の抗ヒスタミン剤は、そのような副作用が比較的出にくいとされていますが、全くのゼロではないようです。

 

 

また一部の病気では、抗ヒスタミン剤・抗アレルギー剤を飲むことで症状が悪化するケースも見られるようです。

 

 

特に緑内障や前立腺肥大症などを患っている場合は、しっかり医師と相談した上で、服用すべきかどうかを決めたほうがいいでしょう。

 

 

よく読まれている関連記事

 

オージュンヌの効果・口コミ アトピー肌に効果を実感できる化粧水なの?

 

 

ディセンシア アヤナスはアトピー保湿剤としても優秀!

 

 

アトピー肌におすすめシャンプー【澡シャンプー】

 

 

アトピー肌用のおすすめ入浴剤【華密恋カミツレ】

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 保湿化粧水・クリーム シャンプー 入浴剤