アトピーの改善に転地療法は効果があるの?

アトピーの改善に転地療法は効果があるの?

 

 

アトピー性皮膚炎は生活環境に大きく影響を受ける病気のひとつです。

 

 

そのため、住む場所や環境を変えることで体質や病状の改善をはかる「転地療法」が有効だとされています。

 

 

実際に都会から自然豊かな場所へと移り住んで、転地療法を行ったことで「アトピーの症状が軽くなった」「ほとんど症状が出なくなった」というケースも珍しくないといいます。

 

 

転地療法には

  • 長期休暇(学生なら夏休みや冬休み)を利用して、一時的に移り住む
  • 移転先で永住する

という2パターンがあります。

 

 

永住するとなると、実現するにはいろいろなハードルがありそうですが、気候のいい場所に長く住むほどに体質が良くなり健康になるということも多いようです。

 

 

また、空気のキレイさを求めたり、人の混雑から逃れる以外の目的で、住む場所を変えるケースもあります。

 

 

アトピー性皮膚炎は、その症状の度合いが変化することで知られています。

 

 

一年のなかで季節によって、症状が軽快したり、悪化したりするする患者さんも多いといいます。

 

それらの人たちは

  • 夏の湿気やジメジメした環境で悪化しやすい人 ⇒ 空気の乾燥した地域へ
  • 冬の乾燥で悪化する人 ⇒ 少し湿度の高い地域へ

という形で、アトピーの転地療法を行うことがあるのです。

 

 

【乾燥訴求】アヤナストライアルセット

 

 

 

子供のアトピー体質改善のために

 

転地療法した理由が子供のアトピーを改善するため、という家族も少なくありません。

 

 

子供のために空気や水のきれいな場所を求めて、海や山といった自然に近いところへの移住を考えた親御心のなせるところでしょう。

 

 

子供にはアトピー以外のアレルギー症状も出やすいと言えます。

 

 

都会に住んでいれば、そんなアレルギーの原因となる、ダイオキシンや排気ガス、煤煙などの空気中の有害物質にさらされる危険性も高まります。

 

 

アトピー因子を持っている子供であれば、いつそれらのアレルゲン(アレルギーの原因となる物質)が身体に入り込んで、発症してもおかしくない状況だといえます。

 

 

また、都会ではコンビニなどで簡単に食べ物を手にすることはできるものの、自然食材や地の食べ物などは手に入りにくくなるという面もあります。

 

 

子供が保存料などの添加物が含まれた食べ物を食べ続けることでの健康被害なども話題となっている昨今です。

 

 

そのようなこともあり、都会から自然の豊かな田舎に移り住んだことで、虚弱だった子供の体質が、みるみる改善されていったという例も少なくないとのことです。

 

 

アトピー体質が改善されていけば、今使っているステロイド外用薬も、強さの弱いものを少量使えばよくなるという状況になっていくことを期待できるようになるでしょう。

 

 

転地療法を実行に移すのには大変な面はあるものの、アトピー性皮膚炎に苦しむ患者さんにとっては、検討する価値のある治療法なのかもしれません。

 

 

よく読まれている関連記事

 

オージュンヌの効果・口コミ アトピー肌に効果を実感できる化粧水なの?

 

 

ディセンシア アヤナスはアトピー保湿剤としても優秀!

 

 

アトピー肌におすすめシャンプー【澡シャンプー】

 

 

アトピー肌用のおすすめ入浴剤【華密恋カミツレ】

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 保湿化粧水・クリーム シャンプー 入浴剤